幼児教育ってどんな事をするの?カリキュラムや費用を知る!

今求められている『幼児教育』について徹底調査!

幼児教育の選択で大事なポイントとは

脳が急成長する幼児期に、子どもの興味の芽を見つけて育む環境を提供してあげましょう。 現在、数多く存在する幼児教育では、ほとんどが目先の知識習得ではなく、脳の発達段階に合わせた、子ども自身が遊びを通して、学ぶことや考えることの楽しさを養い、自信と意欲を生み出す内容のものが取り入れられ支持されています。

▶︎ 全文を読む

必見!世界で生まれた優れたアプローチの幼児教育法

幼児期に幼児教育や習い事をするメリットはたくさんあります。 その理由は、最近の研究結果で、幼児教育は忍耐力・協調性・自制心を育てるのに高い効果をもたらすことが分かったからです。 その影響を受け、世界各地の優れた幼児教育法を取り入れようと注目が集まっています。 日本とは少し違う幼児教育法を紹介します。

▶︎ 全文を読む

人気幼児教室の特徴とは

よく耳にする「幼児教育」は、習い事のイメージが強いですが、本来の幼児教育とは、1歳~小学校入学前までの間に、家庭で過ごす時間を含め、お友達との関わりや様々な場所での遊びを通して、色々な発見や体験を重ねることが特徴です。
その中で、まず一番大切な幼児教育は、家庭でのしつけです。
きちんと挨拶ができる、御礼が言えるなど、生きていく上で人として必要なことを家庭で、子どもと触れ合いながら教えてあげることが重要で、それが幼児教育の基本となります。
あくまでも補助的な役割として活用したいのが、習い事です。
この時期は、「何で?」「どうして?」と子ども自身が様々なものに好奇心旺盛になります。
自分が興味の持ったものを実際に、見たり、触ったり、体験してみることは、子どもにとって大きな刺激となり、自分の世界がグッと広がることでしょう。
選択の重要なポイントは、まず親が、子どもの興味のあること、好きなこと、得意なことを知ることです。
家庭での様子や会話の中にも、子どもの興味を知るチャンスは、たくさん転がっています。
実際には、ネットの口コミを参考にすることも重要ですが、地域が違えば先生も環境も違います。
出来る範囲で子どもと一緒に体験教室へ参加してから検討するのがポイントです。
いざ幼児教育を始めたら、色々な場面で達成感が得られるようになります。
できた!という喜びを一緒に感じ、褒めてあげましょう。
うまくいかなかった時は、また頑張ってみよう!チェレンジしたい!という気持ちになるように励ましてあげることも必要です。
実は、家庭で一緒に過ごす中にも幼児教育はたくさん行われています。
絵本の読み聞かせ、お絵かき、ボール遊びなどに限らず、洗濯物を畳む、食器を並べるなどのお手伝いも幼児教育の1つです。
親子で一緒に遊んだり体験する中で、興味を持つきっかけに繋がることもありますので、子どもの自主性を大切にし、選択していきましょう。

TOPへ戻る