今求められている『幼児教育』について徹底調査!

>

幼児教育の選択で大事なポイントとは

注目されている幼児教育の内容を知りたい!

幼児教育が注目される理由として、現代の企業や社会が求める能力が、一昔前まで評価されていた学歴、資格といったものではなく、頭の回転が早い、状況判断が早い、論理的な考え方ができるなどの実社会で成功、活躍する「地頭のよさ」が求められるようになったためです。
そのため、脳が1番発達する幼児期に、そのような力を身につけ、習得しておくことが、大きくなってからの人生を豊かにする大切な要素になります。
このことから、日本でも知識や技術の習得とともに思考力・判断力・表現力に力を入れた幼児教育がたくさん始められてきました。
主なカリキュラムは、机に向かうワーク学習ではなく、手遊び歌やフラッシュカードで手先や右脳を活性化させる内容やハンズオンで、楽しい体験を通して興味・関心を引き出すものなどがあります。
また、体を動かしながら「遊びを通して学ぶ」をコンセプトにしているところも多く存在し、人気を集めています。

気になる費用とメリット・デメリット

内容や効果と共に気になるのが費用です。
習い事含め幼児教室や幼児通信教育の平均的な費用相場を参考にしてみてください。
地域や回数によっても異なりますが、一般的に習い事は、月謝として5千円~1万円となっており、始める際は、他に揃えるものも多くあります。
実際に通って習う幼児教室は、月謝7,8千円~1万5千円以上のものまで幅広くあり、幼児通信教育は、実際に教室を持たないため月謝2千円程と安めです。
習い事や幼児教室は、決められた時間に足を運ぶ手間がありますが、内容や受講風景が実際に見れるところがメリットです。
幼児通信教育は、教材を提供されるという形なので、気軽に空いた時間に自分のペースでできる一方で、親が見たりする必要があります。
現在、各地域では中学校修了まで、児童手当が支給されているため、手当の範囲以内で検討するのも良いと思いますが、複数ある場合はなかなか手当の範囲内に収めるのは厳しいのが現状です。


TOPへ戻る