今求められている『幼児教育』について徹底調査!

>

幼児教育は学力の向上へも繋がる!?

脳科学で実証!幼児養育でIQも伸びる!?

人間の脳は、3歳までに80%、6歳までにほぼ完成し、6歳以降は発達ペースが緩やかになるため、幼児期にどんな経験や取り組みをしたかで、その後の将来に大きく影響されると言われています。
現在、日本では、まだまだ学校教育や学力が重視されがちなため、早くから読み書きや計算、英語などを教育しようとする傾向もあります。
しかし、実際には、幼児期の幼児教育こそが、のちにIQにも好影響をもたらすことがわかっています。
IQに直結するというよりも、幼児期に社会性や内面についての能力を幅広く身に付けておくと、その後の学習が効率的に行えるようになり、「学ぶ」ことが簡単になると、継続して一生学ぶことができるようになると実証されています。
そのため、学ぶことが苦ではなく、楽しいことに感じるようになると、必然的にIQ(知能指数)も伸びていくようです。

家庭でできる幼児教育の基盤!環境がカギ

多くの研究で、人間の脳には、能力を学習できる適切な時期があり、その時期を逃すといくら努力しても限界があるという結果が出ています。
それと、詰め込み教育が必ずしも学業面での成長に繋がらないこと、一方で「創造的な遊び」を通して身に付く、自ら考える力や自己肯定感は、子どもたちの人間性や社会性を伸ばすこともわかっています。
また、幼児期の遊び(ながら学ぶ)や家庭環境の強化が、非認知能力(肉体的・精神的な健康、やる気、自信、協調性、忍耐力)を充実させ、子どもの成長に大きく影響があると証明されています。
大人から見ると理解不能なことも、子どもにとってはちゃんと意味があり、危険なことでない限り、子どもが何かに集中している時は、声を掛けず見守ってあげると、子どもは自分なりの正解を導き出した達成感を味わうことができ、忍耐力も身に付きます。
つい、指示が多くなりがちですが、親としては見守る環境を作ることも重要です。


TOPへ戻る